商品を探す

※小ロット対応バッグとグッズのみ検索可能です。

フリーワードで検索
サイズで検索
色で検索
無地袋単価で検索
(※小ロットバッグのみ対応)
印刷方法で検索
素材で検索
形で検索

HOME よくあるご質問 デザインデータの線の太らせすぎに注意

  

【同人用紙袋印刷.jp】に、紙袋・手提げ袋をオーダーされる皆様よりお寄せいただくよくあるご質問の回答を掲載しております。
掲載されている事項のほかに、ご質問・ご相談などがございましたら、お問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

Q.デザインデータの線の太らせすぎに注意

ご入稿頂くデータですが、下記線の太さ、線と線の間の太さが必要となります。

セミオーダー シルク印刷 1㎜以上
箔押し 0.5㎜以上
フルオーダー不織布 シルク印刷 1.5㎜以上
フルオーダーポリ袋 1㎜以上
フルオーダー紙袋 オフセット印刷 1㎜以上

ご入稿データのデザインが上記を満たしていない場合は
データを手直しして再入稿を頂くことになります。

手直しして頂く際に『太らせ過ぎに注意!』が必要です。

この『太らせ過ぎ注意!』は文字の場合に良くあります。

例えば、このような感じです↓

太らせすぎ注意1

この上の文字は線の太さが1mm以下なので 再入稿して頂かなければなりません。

では太くしようと単純に文字を太くすると・・・
↓このようになります。

太らせすぎ注意2

実はこれでOKではないのです
これは『太らせ過ぎ』になります。

なぜかと言いますと...

太らせすぎ注意3

文字を太くした事により、文字のスキマ(インクのらない箇所)が細くなっています。
この細いスキマはシルク印刷で印刷した際
潰れてくっついてしまう可能性が非常に高いのです。

この場合の対処方法は下記2点ございます。

  1. 文字を大きくする。
  2. フォントを変更する。

線と線の間(スキマ)は意外と盲点。
このインクののらないスキマも注意してデータをお作りくださいね!

用語解説集はこちら

その他のご質問

用語解説集はこちら

ページトップ